「いつかはクラウン・・・」カーモデル買取りました

フジミ、アオシマのカーモデルを買取りました!!
既に店頭に並んでします(≧∇≦)/

シルビア乗って
マークⅡ乗って
背伸びしてシーマの中古に乗って
家族が出来てオデッセイに乗って・・・
でも「いつかはクラウン」・・・

♪戦場のダンス 瞳閉じて束の間の夢に遊ぶ・・・♪ エリア88コーナー

ハセガワから発売されている「エリア88」シリーズはもちろん
登場機体のスケールモデルも集めてみました(≧∇≦)/

F-8E クルーセイダー `風間真`
アスラン王国空軍 外人部隊基地エリア88 所属 風間真 搭乗機

A-4M スカイホーク `グレッグ・ゲイツ`
砂漠に潜む地上空母への攻撃に出撃した、グレッグのA-4Mを1/48スケールでキット化

F-14A トムキャット `ミッキー・サイモン`
アスラン王国空軍 外人部隊基地エリア88 所属 ミッキー・サイモン 搭乗機

F-8E クルーセイダー `風間真`
着座姿勢のレジン製パイロットフィギュア(風間 真)が付属する特別版!

J35J ドラケン`風間 真`
「シンのドラケン」が1/72スケールで登場

クフィル C2 `サキ・ヴァシュタール`
エリア88の司令官、サキ・ヴァシュタールのクフィル C2が1/72スケールで登場

A-10 サンダーボルト2 `グレッグ・ゲイツ`
「ヒゲダルマ」ことグレッグの搭乗機、垂直尾翼にドクロのパーソナルマークを記したA-10です。

F-14A トムキャット `ミッキー・サイモン`
「ミッキーのF-14」が1/72スケールで登場

 

「エリア88」・・・1979年から1986年まで「少年ビッグコミック」に連載された新谷かおる先生の漫画作品。全23巻。 ファンの間ではその独特な世界観と繊細なメカニックの描写で高い評価を得ているそうです・・・

大手航空会社である大和航空のパイロット候補生風間真は、社長の娘津雲涼子との結婚も決まりその将来を嘱望されていた。だが、同期のパイロット候補生で親友神崎悟の策略により、激しい内戦の続く遠く中東のアスラン王国の傭兵部隊へ送り込まれる。そこは地獄の最前線、作戦地区名エリア88であった。除隊するには高額の違約金を払うか、契約満了まで生き延びるかのみ。日本へ生還するのが目的とはいえ、戦闘機乗りとして敵戦闘機の撃墜によって得られる報奨金を稼ぐ傭兵稼業に染まっていく。その長い戦いの中での数々の出会いにより、真はさらに複雑な運命へと導かれることになる・・・

ミニプラ ガンダムビルドダイバーズ スーパーショックガンダムが店頭に!!

ミニプラ ガンダムビルドダイバーズ
スーパーショックガンダム
7月16日発売 定価480円(税別)

2018年4月3日より放送開始の『ガンダムビルドダイバーズ』に登場するモビルスーツ「スーパーショックガンダム」がミニプラで発売!
5体のSDガンダム達が合体し、巨大な「スーパーショックガンダム」が完成します。各SDガンダムは単体でも広い可動範囲を持ち、様々なポージングを楽しむことができます。
さらに、ガンプラ「HGBD 1/144 ガンダムダブルオーダイバー」とも連動し、パーツを取り付けることが可能。
食玩ガンダムシリーズの新たな歴史がここに誕生!
●彩色モデル1体(全5種)
1. ショックガンダム
2. SGガンダム
3. SGシャア専用ザク
4. SGニューガンダム
5. SGサザビー

「格好いいソーダ」
「作ってみたいソーダ」
「カスタムしたいソーダ」
のガム(ソーダ味)が1個ついてます・・・



プラモデル買取ましたー!【メディオ!沖新店】

こんにちは!メディオ!沖新店スタッフです!

バンダイのプラモデル多数買取させて頂きましたー!
お持ち頂いたお客様ありがとうございますm(_ _)m

こちら!!

ガンプラやスターウォーズなど、多数買取!!!
早速店頭には並べてます!!!!
早い者勝ちでーす!売切れたら(。-人-。) ゴメンネー!

メディオ!では、買取を超・超・超・強化中!!!!
ガンプラでも!キャラクター系プラモデルでも!
車・戦車・戦闘機~戦艦のスケールプラモデルでもでも!!
組立て済みのプラモデルも買取させて頂きます!
いらなくなったプラモデルは、是非メディオ!にお持ちください!!

メディオ!沖新店でした(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する量産型MSジェガンが発売

MG 1/100 ジェガン
7月14日発売 定価4,230円(税込)

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する量産型MSジェガンがMG化!
■『逆襲のシャア』に登場したシルエットバランスを踏襲し、ずっしりと安定感のあるジェガンを再現。
■完全新規造形のMS内部フレームを採用。量産機を象徴する内部骨格を組み立てるだけで再現できる。
■左右4種類ずつのハンドパーツが付属。ライフルを構えるポーズからアクシズに取りつく名シーンまで再現可能。

【付属品】
■ビーム・ライフル×1
■ビーム・サーベル×1
■シールド×1

【商品内容】
■成形品×17
■ホイルシール×1
■マーキングシール×1
■取扱説明書×1

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の全領域対応の汎用量産型MS。地球連邦議会議員のジョン・バウアーが、シャア・アズナブルによる新生ネオ・ジオン軍の決起を見越して量産を強行したと言う逸話があり、宇宙世紀0090年よりそれまで主力であったジムⅢからの転換が進められた。 

それまでのジム系モビルスーツの集大成的な機体ではあるが、同社開発のネモで賄われた技術も使用されており、両者の統合機とも言える。また、機体構造はガンダムMk-Ⅱを参考にしている部分もあり、特にバックパックの可動式バーニアアーム、頭部バルカンポッド・システムなどに、その特徴が顕著に現れており、特にバーニアアームの採用は従来の量産型モビルスーツとは一線を画する加速性と運動性をもたらしている。加えて下半身はバーザムやTR計画の影響が強く、腰部装甲は運動性能向上の為に省略され、代わりに大腿部自体の装甲を二重化することで耐弾性を維持している。 

装甲材質については従来のチタン合金セラミック複合材が採用されているが、ガンダリウムγ精製技術のスピンオフによって、一年戦争時のルナ・チタニウム合金(ガンダリウムα)と同等以上の耐久性を得ているため、性能面での問題は全くない。 

頭部にはRX-78を始めとしたガンダムタイプやジム・コマンドが装備していた「オプチカルシーカー」があり、メインカメラはバイザータイプ複合ツインアイが採用されている(そのため中央に固定式のモノアイが装備されている)。 

操縦方式は球状操縦桿「アーム・レイカー」を連邦の量産機で初めて採用。スラスターからマニピュレータといったほとんどの操作を手元で行うことができる画期的な物だったが、衝撃で手が滑りやすい欠点からパイロットの不評を買い、中期生産モデルのD型ではスティック方式に戻った。 

必要充分な性能に高い信頼性・発展性を有し、さらにコストパフォーマンスも良好と非常に優秀な完成度を誇る『名機』と呼ぶにふさわしい機体であった。